⾃⼰紹介

写真は、情熱と感覚、そして感情を写します。私は1991 年からフィレンツェでフォトグラファーとして 活動をしています。まずファッション業界の撮影を中⼼に始め、その後、建築や⾵景、ダンス、ポートレ ートなど全ての写真の分野を探求してきました。毎回、新しい強い感情や思いがあり、クリエイティブで 独特な写真を撮るために挑戦をし続けてきました。
始めは、有名なマッシモ・セスティの会社と共に働いていました。彼からは“⼀瞬をとらえるという”技術 を学びました。感情やそのものを忘れられないものをとらえるようにシャッターを切るのです。
それから私はエンターテイメントの世界に⼊り、ポスターや本の表紙や、ピエラチョーニ、コンティ、パ ナリエッロといったアーティストたちのレコードのジャケットを撮影しました。
1997 年のファッションフォトグラファーとの実りのあるコラボレーションの後、フィレンツェのリーポ リ通りに初めてお店をオープンし、2010 年にはカゼンティーノのスティアにもオープンしました。